• 梅内聚落

第1回 さんぽえむ検討会議

最終更新: 6月27日


旧種梅保育園の園舎を、地域のコミュティセンターとして活用しようという計画が

進んでいます。


少子高齢化と過疎化が急速に進むこの梅内地域において、

このセンターをどのように活用したらいいか、どういう事業を行うべきか、

地域住民の声を広く聞くための、「旧さんぽえむ施設活用検討会議」の1回目が

開かれました。



委員は、

老若男女21名(どうしても老が多くなっちゃうが)と聚落役員を合わせた、34名です。


初回のこの日は、

これまでの経緯、活用計画素案、財政見通しなどを委員の皆さんに示し、

今後の会議の進め方などについて意見交換をしました。



次回からは少人数のグループに分かれて、具体的な意見交換に入っていきます。


       ふるさと梅内で、これからもずっと暮らしていけるよう、

       みんなで知恵を出し合い、力を合わせてガンバロー!



12回の閲覧

© 2017 梅内山菜倶楽部 chalibrary