​イタドリ(さしぽ)

  1. 根元の方から皮を剥く。
    ※先端の細いところは皮を剥かなくても食べられます。

  2. 食べる長さに切り、塩湯で30秒~1分茹でてあく抜きする。

  3. 茹ですぎると食感が損なわれます。

  4. 水にさらす。

若葉を揉んで擦り傷などで出血した
個所に当てると止血作用があり、痛みも和らぐとされ、これが「イタドリ」という和名の由来でもある。
生育旺盛で、肥沃な土地では高さ2メートルほどまでになる。
別名は、スカンポ、ドングイ、ゴンパチ、エッタン。

豆知識

​さしぽ

下処理
レシピ

皮の部分を開いて、温度180~200℃でカラッと揚げる。

さしぽの天ぷら
さしぽの酢味噌和え

下処理した若芽を、酢1:味噌1:砂糖1と和える。

さしぽの煮物

茎の部分はいろいろな煮物の具材となります。