温泉入浴ができる、地域住民のためのコミュニティセンターを作る計画が進行中です。
 廃園した保育園舎を活用し(現在能代市と協議中)、住民の健康増進、交流促進、日常生活支援、地域活性化などに取り組みたいと考えています。
 令和3年度中のオープンを目指しています。
 秋田県が梅内地域を対象に令和2~3年の2ヶ年にわたって実施する
 人口減少や少子高齢化が急速に進行している中で、集落における日常生活に必要なサービス機能を維持・確保していくため、住民によるワークショップや座談会を繰り返し、将来に向けた地域のグランドデザインを策定する事業です。
 地域づくりの専門家が全体をコーディネートし、県や市の職員も話し合いに加わります。
すでに事業が行われている大館市の事例を視察してきました